風と共に去りぬ,Tomorrow is another day(明日は明日の風が吹く)

 

タイトル:風と共に去りぬ(Gone with the Wind)
出演:ビビアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、オリビア・デ・ハビランド、トーマス・ミッチェル
監督:ヴィクター・フレミング
脚本:シドニー・ハワード
原作:マーガレット・ミッチェル
公開日:2014年08月08日(米国)

 

詳しい内容はあちこちに書かれているので超簡単に要約します。

 

南北戦争前中後(1860年代)の南部の人が中心のお話です。主な登場人物は次のとおりです。

 

スカーレット・オハラ…当作品のヒロイン。裕福な家のお嬢さんで超自信家で欲しいものはどんなことをしてでも手に入れたい肉食系。

 

すでに結婚が決まっているアシュレー・ウィルクスに恋し、なんとか振り向かせようとする。

 

映画では、美人の(私はそうは思わないが)ビビアン・リーが演じていますが、原作には「スカーレット・オハラは美人ではなかった」と書かれているそうです。

 

まぁ、美人かどうかなんてことは主観的なものなのでなんとも言えませんが…。

 

レット・バトラー…商売上手で金持ちだが、素行が悪く嫌われ者。スカーレットに熱烈にアプローチするもなかなかスカーレットは振り向かない。

 

アシュレー・ウィルクス…超真面目な南部紳士。メラニーと結婚する。

 

メラニー・ハミルトン…真面目そうな淑女。アシュレーはメラニーを自分がいなければ生きていけないか弱い女性と思っているが実は…。

 

上記4人が主要な登場人物で、その中でもヒロインのスカーレット・オハラが南北戦争中および戦後を数々の試練を乗り越えて強く生きていく物語です。

 

スカーレット・オハラがしたこと(略奪婚や使用人虐待など多数)を考えるともっと憎まれて然るべき存在ですが、あまりそちらには焦点は当てられていません。

 

北部の兵士が金品目的で家に侵入してきた時、勇敢に撃退(撃ち殺す)したり過酷な税金を課せられてタラの土地が没収されそうになっても商才を発揮して乗り切ったりする強さの方に共感が集まっています。

 

2019/01のNHKの「

」で取り上げられていたので再度見ました。『風と共に去りぬ』も翻訳した翻訳家の鴻巣友季子さんが解説していましたが、とても分かりやすかったです。見逃した方はテキストだけでもよくまとまっていて参考になります。

 

できれば小説を読んだほうが良いのでしょうが、『100分de名著』を読むだけでも映画だけではわからないことがいろいろわかります。

 

私もそうでしたがたいていの方は一度映画を見たくらいでは、スカーレット・オハラとレット・バトラーくらいしか印象に残っていないのではないかと思います。鴻巣友季子さんによるとこの小説(映画)はスカーレットとメラニーのダブルヒロインの物語だと言っています。

 

メラニーはおとなしいので目立たない存在ですがある意味スカーレットよりも強い女性かもしれません。

 

並の人間であれば、友人(スカーレット)が自分の旦那にちょっかいを出しているのに気づいても平然としているのは困難でしょう。

 

(気づいていたということは映画の中でも小説でも触れられてはいないようですが、普通に考えたら知らないわけがないでしょう。)

 

しかもただ、泰然としているばかりでなくスカーレットに優しく接します。このあたりは、鴻巣さんに指摘されるまで気づきませんでした。

 

もう一度見る機会があったらメラニーに焦点を当てて見てみると面白いと思います。

 

気になった英語表現

 

映画の最後の最後にレットに離婚を告げられ途方に暮れたスカーレットが言った言葉。

 

I think it tomorrow.
それ(どうするか)を明日考えよう。
Tomorrow is another day.
「明日は明日の風が吹く」などと訳されます。

 

こちらの英文には「風(wind)」という単語はありませんが、タイトル「風と共に去りぬ(Gone with the Wind)」と重なるのは奇遇ですね。

 

2019/01/29追記
「100de名著」の最終回を見て知りましたが翻訳家の鴻巣友季子さんは「あしたは今日とは別の日だから」と訳しているようです。意外とひねりがないですね。また、鴻巣氏が高校生に翻訳を教えていた時の生徒さんの翻訳として「とりあえず寝よう」という訳を紹介していました。

 

確かにこのときのスカーレットの気持ちを的確に言い表した名訳ですね。

 

このスカーレットを途方に暮れさせたレットのセリフににちょっとした逸話があるのでご紹介しておきます。

 

レット・バトラーに離婚を切り出された時「私はどうすればいいの?」とスカーレットがレット・バトラーに尋ねたときのレットのセリフは「Frankly,my dear,I don’t give a damn」でした。

 

意味は「正直言って、俺の知ったことじゃない」ですが、”frankly”を付けることにより無関心さが強調されています。これは原作にはなかったそうです。

 

また「damn」は当初映倫から不適切な言葉として削除要請がありましたが、制作会社のセルズニックはこの映画の成否を決める重要なセリフとして断固譲らなかったそうです。ついには映倫が折れて5万ドルの罰金で放映を認めました。

 

金を払えば認めるというのは倫理に反するように思いますが、現実はそんなものですね。

 

こちらは<U-NEXT>
でご覧になれます。

 




本ページの情報は2019/05/12時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

イントゥ・ザ・ストーム、(threshold,敷居)は高くない娯楽作品

 

タイトル:イントゥ・ザ・ストーム
出演:リチャード・アーミティッジ
サラ・ウェイン・キャリーズ
マット・ウォルシュ
アリシア・デブナム=カーレイ
アーレン・エスカーペタ
監督:スティーヴン・クォーレ
脚本:ジョン・スウェットナン
公開日:2014年08月08日(米国)

 

リアルな竜巻シーンを体感する映画です。ストーリー的には単純であまりひねりはありません。

 

この映画は竜巻被害が頻発するオクラホマを舞台に設定されています。そこに留学経験のある方がアマゾンのレビューに書いていますが、実際とことなることがかなり多いそうです。

 

その一つとして学校には更衣室が地下に作られていてそこがシェルターの代わりをするそうです。したがって学校に避難すればほぼ安全なわけです。

 

それなのに竜巻が学校を直撃するからといってスクールバスで逃げるというのは逆に危険なわけです。まぁ、地下シェルターに避難しても危険な規模の竜巻という設定なのかもしれませんが…。

 

映像はリアルで迫力があるので大画面で見たらかなりの臨場感があると思います。竜巻が次々と発生して時間も短いので飽きることはありません。娯楽作品としてはありでしょう。

 

気になった英語表現

 

06:33
ショットガンが欲しいなら取っておけよ。
If you want shotgun,just take it.

 

父親が運転する車に乗り込もうとする場面で弟が兄貴に言う言葉なのでこれでは意味がわかりません。

 

実は、「shotgun」には助手席という意味があるそうです。昔、馬車で助手席に乗る人は強盗などから身を守るためにショットガンを持っていたことが由来のようです。

 

したがって、この文の意味は「助手席が良ければどうぞ」となります。

 

23:50
You’re now standing on the threshold of adult life.
君たちはいま、(その先に)大人の世界がある敷居の上に立っている。

君たちは大人への出発点にいます。
ここで出てくるthreshold(敷居)は次に出てくるperimeter(境界線)に置き換えることができます。

 

34:49
as close to the perimeter as possible,all right?
限界まで近づく

 




本ページの情報は2019/05/12時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

ラン・オールナイト、リーアム兄さん(おじさん?)の演技が渋い

 

タイトル:ラン・オールナイト
出演:リーアム・ニーソン、ジョエル・キナマン、コモン、エド・ハリス
監督:ジャウム・コレット=セラ
脚本:ブラッド・イングルスビー
公開日:2015年03月13日(米国)

 

殺し屋のジミーはこれまでの人生を悔いて酒に溺れる日々を過ごしている。マフィアのボスのショーンとは友人の間柄でもある。

 

息子のマイクは父親の生き方を嫌い真面目にリムジンの運転手で生計を立てている。そして仕事中にショーンの息子のダニーの殺人を目撃してしまう。

 

なんとか自宅まで逃げ帰るも追ってきたダニーに撃ち殺されそうになったときに父親のジミーがダニーを逆に撃ち殺して助ける。

 

しかし、息子の身を守るためとはいえショーンの息子を殺してしまったので今度はショーンが黙っていない。

 

ショーンは自分の息子が悪いにもかかわらず言ってみれば逆恨みのような感じでジミーに復習しようとする。

 

ゴッドファーザーと比べると同じマフィアのボスと言っても小物感が否めない。

 

マフィアといえども子を思う親の愛情は普通の人と一緒ということなのだろうがあまり共感はできない。

 

映画としてはテンポが良く飽きずに見れる。

 

ジミーはダニーにお金を借りる際にクリスマスパーティでサンタになるという条件を出される。

 

渋々受けてサンタになったのだが、よほど嫌だったのか、パーティで子供を膝に乗せ旦那がいる前で子供の母親に下品な言葉を発する場面がある。

 

この時、映像だけでは何が起こったのかよくわからない。おそらく前後の状況と「クソガキどもが」と言ったジミーの言葉から子供に押され暖炉に手をつきやけどをしたと思われる。

 

でも、よく考えてみると「クソガキども」と複数形なので膝に乗っていた子供だけに言っているではない。

 

ということはあれは自分で酔っ払ってふらついて暖炉に手をついただけで、クリスマスプレゼントをもらいに集まっている子供たちに八つ当たりして言っただけか?

 

なるほど、そうすれば辻褄が合う。何度か見返してようやくわかりました。

 

これも映画のテクニックのひとつなのだろうが想像力を働かせないとわかりにくい。

 

英語のお勉強としては難しい単語はほとんど出てきませんがすぐ理解するにはわかりにくい表現がたくさんあります。

 

たとえば

let’s get through the night
一晩だけ我慢しろ

 

30:12

just because I’m not behind bars doesn’t mean I’m not paying for what I did
俺が獄中にいないということが私が支払っていない(償いをしていない)ことを意味しない。→刑務所に入らなくても報いは受けているさ。
※behind bars獄中で

 

31:05
あなたは彼らの人生の一部ではない→無関係な人間だ。
You’re not a part of their lives.

 

悪は、俺の一部だけで十分だ。→関係は俺で断ち切る
it’s bad enough you were part of mine.
どれもかなり婉曲的な表現で一瞬で理解するのは結構難しいです。

 

I want people at his house.
なんかも「全員、集めろ」とはすぐにはピンときません。

 

頻出のpull overが出てきます。これは覚えておきたいですね。

 

57:21
pull over.
turn off the lights.
(車を)脇に止めて灯を消せ

 

こちらは、【Hulu】

でご覧になれます。huluの英語字幕はワンタッチで日本語字幕に変更できるので英語の勉強に便利です。


ブラック・スワン(distort,ゆがめる)バレーに傾倒するニナの狂気


タイトル:ブラック・スワン
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス
監督:ダーレン・アロノフスキー
脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・J・マクローリン
公開日:2010年12月3日(米国)

 

バレー一筋で主役になることに命を掛けるニナ(ナタリー・ポートマン)の物語。

 

個人的には、バレーはあまり興味がありません。アカデミー賞受賞(主演女優賞、ナタリー・ポートマン)やその他の部門ノミネートで話題になったので見てみました。

 

映画のなかでクラブで飲んでいた青年が「バレーってつまらないでしょ」と言ったようにバレー好きの人ってやはりマイナーでしょう。

 

個人的には、あまり良さがわかりませんでしたが、ナタリー・ポートマンが好きな人やバレー関係者、サスペンスが好きな人には良いと思います。

 

この映画では英語字幕で見ると状況説明に「distort,歪める」という単語が10回も出てきます。

 

この映画で覚えたい単語

 

distort,ゆがめる、歪曲する、曲解する
distortの覚え方はこちら

 

この単語がこの映画を象徴しています。凡人とはかけ離れた天才の狂気のようなものが描かれていると思います。

 

distortが出てくるシーン

 

15:53
帰り道の薄暗い通路ですれ違う時見知らぬ女が
distorted laughter
歪んだ笑い

 

1:06:53
リリーにドラッグを飲まされ、うつろなニナが帰りの車の中で
distorted gasp,whoosh
歪んだ、あえぎ (空気・水などの)ヒューという音

 

1:14:06
ニナがトイレで吐こうとしたが吐けなかった時
quiet,distorted laugh
静かな歪んだ笑い

 

1:16:50
ニナが身体測定をされいるときに背中の傷が気になって鏡に写った幻覚を見て
women’s distorted exhale
女の歪んだ吐息

 

1:18:24
トマにリリーを代役から外してくれと頼んだが聞き入れられなかったとき
distorted,echoing laughter
反響する歪んだ笑い

 

1:19:45
本番の前日、一人で練習中に電気が消えた時
distorted,echoing laughter
反響する歪んだ笑い

 

1:21:10
練習場の電気が点かないので焦って帰る途中
distorted siren blares
歪んだ鳴り響くサイレン

 

1:23:47
家で母親のすすり泣く幻覚を聞いて
distorted sobbing
歪んだすすり泣き

 

1:30:06
本番、開始直後、あまりうまく行っていない時
echoed,distorted woman’s laughter
反響する歪んだ女の笑い声

 

1:31:29
うまく行っていない踊りの最中
eerie,distorted sighing,woman laughing

 

オープニングの白鳥のシーンはダメだったが幻覚でリリーを殺してから狂気の舞ができるようになる。黒鳥のシーンは凄みがある。

 

1:35:35
黒鳥になって激しい演技の途中で
distorted,ragged sigh echoing
歪んだ疲れ切った吐息が響く

 

このような状況の説明は英語字幕の時だけでます。日本語音声や日本語字幕の時は出ないので英語字幕でみたほうがわかりやすいです

 




本ページの情報は2019-08-07時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

Gray’s Anatomy第一話(anatomy,解剖学)医療用語の英語が学べます。

 

タイトル:グレイズ・アナトミー/甘い夜はオペの始まり
出演:エレン・ポンピオ、パトリック・デンプシー、サンドラ・オー
監督:ピーター・ホートン
脚本:
放送日:2005年3月27日(米国)

 

アメリカの医療テレビドラマ。タイトルは医学書『グレイの解剖学』(Gray’s Anatomy)から。

 

医療ドラマなので病名や、薬の名前など医学用語が多く出てきます。これらの単語を覚えるのに良いドラマです。

 

大人気ドラマなので内容も面白く楽しんで見ることができます。アマゾンのレビューを読むと実際の日本の医師の方も英語の勉強のために見ている人もいるようです。

 

weblioのテストにも医学用語はよく出てくるので役に立ちます。

 

インターンにしてはみんな老けて見えます。欧米人のせいかそう見えるのかと思いましたが実際に年齢層高めでした。主役のエレン・ポンピオが38歳でサンドラ・オーは37歳でした。

 

オープニングでメレディス(エレン・ポンピオ)は見知らぬ男と寝たことに気づき目を覚まします。その日がインターンとして出勤する初日でした。

 

早々に男を追い返して出勤してみるとその男はなんと自分の上司となる医師でした。そこからいろいろドラマが始まります。

 

医者、特に外科医のインターンは大変だと思いました。知識、技術、精神力が三拍子揃っていなければ務まりません。

 

『ブラックジャックによろしく』でも新人外科医はこんな感じでした。アマゾンのレビューでも医師の方が実際の現場とあまりかけ離れてはいないと書いていたのでそうなのでしょう。

 

主人公のメレディスも最初は、人間関係は厄介でしかも責任は重い、なのになぜこんな職業を選んでしまったのだろう? と自問します。

 

しかし、一度手術に助手として立ち会ったあとでは「手術台の前に立つとハイになれる。ドラッグなんて目じゃない」と言っています。

 

責任が重い仕事なだけに患者をしかも重症の患者を救ったあとの達成感はドラッグ以上の快感だというのも頷けます。

 

初回だけで次のような医療用語が学べます。

 

anatomy,解剖学
seizure,てんかん
diazepam,ジアゼパム
hemolyze,溶血させる
rectal,直腸の
appendicotomy,虫垂切開
sedative,鎮静剤
groggy,意識がもうろうとした
ligate,縫合する
irrigate,洗浄する
appendix,虫垂
scalpel,外科用メス
clamp,鉗子
peritoneum,腹膜
cecum,盲腸
geriatrics,老人病学
pneumonia,肺炎
antibiotics,抗生物質
lorazepam,ロラゼパム
phenobarbital,フェノバルビタール
code blue,容態急変
anoxia,無酸素症
renal failure,腎不全
tumor,腫瘍
infection,感染症
spinal tap,脊椎穿刺
aneurysm,動脈瘤
angiogram,血管造影図
subarachnoid hemorrhage,くも膜下出血
pulmonary embolus,肺塞栓症
heparin,ヘパリン

 

盲腸と虫垂とは同じものと思っていましたが英単語が別々(cecum,盲腸、appendix,虫垂)にあるので調べてみたところ違っていました。

 

虫垂とは盲腸の先っぽにある盲腸よりも細い袋小路の臓器のことでした。通常そこには食べ物は行かないのですが何らかの原因で行ってしまい虫垂が炎症を起こす現象を虫垂炎(盲腸)と言うらしいです。

 

「あいつは007だ」という言い回しが面白かったです。意味は手術が下手で患者を殺してしまう人。
なぜなら007はlicense to kill(殺しのライセンス)を持っているから。

 

また、メレディスが同僚のクリスティーナに上司のデレクと寝たことを簡単に話してしまう場面は

 

えっ? 言っちゃって大丈夫なの? と心配していたところ案の定バラされてしまいます。

 

アメリカに限らず日本でも秘事を女性は簡単に友達や同僚に話してしまうようですね。男性はあまり言わないようですが…。

 

男性はご注意あれ。というか現代はとくに秘密は必ずバレるものと思っておいたほうが無難ですね。

 

Hulu

で見ましたが英語字幕で見て単語が分からなかったとき簡単に日本語字幕に変えられるのでラクですね。最初ならば2週間無料で見れますよ。

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(tantamount,同等な)熱い4人の軍人のコメディ

 

タイトル:特攻野郎Aチーム THE MOVIE
出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン
監督:ジョー・カーナハン
脚本:ジョー・カーナハン
公開日:2010年8月14日 (日本)

 

Aチームって最近CMでよく目にしますがこの映画からとっているのかな?
1980年代にアメリカで人気だったTVドラマの映画化。

 

パラシュートで戦車は無理だろう? しかも大砲を撃って落ちる方向を変え正確に湖に着水させるなんて。

 

というコメディですが自分たちの名誉を回復させるためにはどんな危険も厭わないというひたむきさには感動させられます。

 

この映画で覚えたい単語
tantamount,同等な
1:32:49
victory attained by violence is tantamount to defeat for it is momentary/Gandhi
暴力によって得られた勝利は敗北に等しい。それは一瞬に過ぎないから。/ガンジー
tantamountの覚え方はこちら

 

20:42
この映画にも『TAXI NY』に出てきた「lieutenant」が出てきます。「警部補」と訳されることが多いですがここでは「中尉」と訳されています。

 

1:35:43
listen or remain at large fugitives
応じるか?永久に脱獄犯でいるか?

 

fugitive」は逃亡者の意でハリソン・フォードが主役の映画の題名そのままですね。

 

at large」は「逃走中」とか「捕らわれていない」という意味です。これは『寄生獣』の英語版で檻から脱走したライオンが公園で人を襲う場面で出てきました。

 

ここでは、at large fugitiveで「逃走中」の「逃亡者」で「脱獄犯」と訳されています。

 

1:43:24
sleight of hand
巧妙なごまかし、術策
あの手この手でやってくれたな。
主に成句として使われます。

 




本ページの情報は2019/05/12時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

TAXI NY(lieutenant,警部補)セクシー警部補とセクシー強盗団が見もの

 

パケ写の美脚がセクシーだったので見てみました。パケ写は大事ですね(笑)。たまに詐欺的なのがありますが、これはそんなことはありませんでした。

 

タイトル:TAXI NY
出演:クイーン・ラティファ, ジミー・ファロン, ジゼル・ブンチェン, ジェニファー・エスポジート, アン・マーグレット
監督:ティム・ストーリー
公開日:2004/10/06

 

フランス版のtaxiのリメイクで男性と女性を入れ替えたもの。

 

ベルは凄腕の女性メッセンジャー(自転車便)だった。だが、タクシーの営業許可を得て仲間から惜しまれつつもメッセンジャーを引退する。

 

かつてのやり手メッセンジャーはタクシーの運転も超ド級であった。一方、ニューヨーク市警のウォッシュバーンは運転がド下手でヘマばかりしていた。

 

上司であり恋人?のマルタには怒られてばかりで呆れられている。

 

そんなおりひょんなことからベルと組んで美人強盗団に立ち向かい…。

 

アマゾンのレビューを読むとハマる人はハマるようですが、個人的にはまぁまぁ良かったかな? という感じですかね。

 

主人公の彼女の警部補のセクシーな衣服と美女強盗軍団の美脚は良かった。

 

単語の難易度はそれほど高くありません。しかし、英語の字幕があればだいたい理解できますが、ないと厳しいです。

 

この映画に出てくるよく使われる英単熟語。

 

1:14:22
pull over,車を停める、車を片側に寄せる。

 

lieutenant,警部補
lieutenantの覚え方はこちら

 

lieutenantは寄生獣の英語版で覚えました。結構よく出てくる単語です。警部はなんていうのか調べてみたところ(police)inspectorでした。

 

警部補のほうがよく目にする感じですが、たまたまでしょうか?

 

こちら↓でご覧になれます。
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

アイランド(The Island)(umbilical,臍帯)クローン人間はすでにいる?


アラカンでも英単語の語彙力を大幅にアップさせた方法とは?にも書いたように最近、映画を「読ん」で語彙力増強に励んでいます。

 

ただ漫然と映画を「読む」よりも内容を要約して気になった単語や熟語や文章を書き留めておいたほうがためになると思ったので面倒ですが書くことにしました。

 

多少なりとも皆様のお役に立てれば幸いです。

 

基本的にネラバレありなので映画の内容を知りたくない方はご注意願います。

 

タイトル:アイランド(The Island)

出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン
監督:マイケル・ベイ
発売日 2010/04/21

 

クローン人間を作って金儲けをしている企業の話。クローン人間は元の人間のために臓器を提供したり、代理母になったりして製品として扱われ不要になったら処分される。

 

クローン人間は一箇所に集められ健康的な食事が与えられそれほど不自由なく過ごしている。その施設の外は汚染されていて危険だと洗脳されているので誰も出ようとしない。

 

そして、抽選に当たると汚染のない夢の島「アイランド」で自由でハッピーな生活が待っていると生きる希望が与えられている。

 

しかし、実際は抽選に当たるということは元の人間がクローンの臓器が必要になった場合なので臓器を取り出され死が待っている。

 

それに気づいたクローン人間が脱走し反乱を起こす物語。2005年公開で2019年の話として描かれている。

 

おそらくクローン人間はすでに技術的には可能なのでいますぐにでも起こりうる内容である。

 

24m54s
壊れたクローンを「修理」する場面で。

 

sever the umbilical.

 

umbilicalはweblioのテストでもよく出てくるので「へそ」と覚えていました。日本語吹き替えで「だいたい切断」と聞こえたので、えっ? umbilicalに大腿骨って意味もあるの? と思いましたが聞き間違いで「臍帯(さいたい)」でした。

 

臍帯とはへその緒のことですね。

 


覚え方
umbilical,あのビリギャルは[へそ]出しルック

 

 

ビリギャル見れます↓
U-NEXT